睡眠のとりすぎは「良くない」のウソホント。

睡眠時間による体への影響

睡眠については取り過ぎる、不足してしまうなどのことで健康に大きな影響が出てくるということが言われています。

不足してしまうことは体にとって悪影響があることはわかっていますが、取り過ぎてしまうことで劇的な悪影響があるとははっきりいえない部分があると言えます。

睡眠をとりすぎてしまう人の場合、死亡率が高まってしくという研究結果もありますが、人によっては、しっかりと睡眠をとって疲れが取れることで、精神的な健康を維持することができる場合もあります。

当然、15時間睡眠など異常な時間数になってしまう場合、体にとって悪影響が出てきてしまう可能性はありますが、戸田 整体の先生によると10時間や12時間睡眠というのは、人によっては健康的な睡眠時間になることも多いと言えます。

こちらの施術は、ゆらゆらと揺らしたり、擦ったりという、かなり弱い刺激の施術を行っています。それは何故かと言うと、からだが弱っているときにいくら施術をしても効果が表れないという考えから、まずはからだの状態を回復させてから徐々に治療法もその時のからだの調子に合ったもので調整していくんだそうです。

大切なこととしては、睡眠時間に限らず(6時間から7時間ほどの睡眠がベストとは言われています)、睡眠をしっかりととって、「すっきり」したと感じることがとても大切であると言えるでしょう。私は眠ることが大好きですが、仕事の疲れからなのか夜なかなか寝つけず、朝は眠くすっきりしないことがあります。そんな時は横浜 整体のもとまち整体院さんへ行くとすっきりするので、お勧めです。

多くの時間、睡眠をとっても、スッキリしないということになってしまうと、精神的な健康はあまり得ることができない場合もあると言えます。

昼夜逆転をしてしまうと、それだけで、生活リズムを崩してしまうリスクはあると言えます。

ただ、仕事上で仕方がない人などもいるため、昼夜逆転しているかしていないかに関わらず、睡眠時間は一定に保っておく、すっきりしたという感覚を得ることができる睡眠を意識していく必要があります。

睡眠のとりすぎは体に良くない影響がある可能性もありますが、睡眠を多くとるということは決して悪いことではないと言えます。

睡眠の時間が日によってバラつきが多くなってしまうことで、特定の日だけ睡眠時間が異常に長いというのは良くないと言えますが、睡眠時間をしっかりと確保できるように生活の中の工夫は必要となるでしょう。

睡眠の質をしっかりとしていきたい

すっきりとする睡眠というのは、非常に質が重要になります。質というのは必ず高められるとは言えませんが、生活リズムを整えていくことで、一定の質を保っていくことはできると言えるでしょう。

一定の質、リズムを大切にしていくことができれば、睡眠で大きな問題が生まれてきてしまうことはあまりないと言えます。

眠れる時に寝るということも生活や仕事によっては重要になります。

これはどうしても、睡眠をリズム良く取れない人に関しては必要になってくる考え方になるでしょう。


公開日:
最終更新日:2015/07/29

no image
その枕は合っている?体調不良を引き起こすことがある。

睡眠に必須アイテムの枕の重要性。 睡眠をしっかりととっていく場合に、

no image
慢性睡眠不足で脳細胞にも影響が!

寝不足の影響がすごかった! 寝不足は人の体に大きな影響力を持ってくる

no image
睡眠に良い食べ物 ベスト3!

睡眠に良い食べ物 睡眠をとっていく際に、食べ物による補助を期待してい

no image
睡眠中に歯ぎしりする人の健康状態

歯ぎしりの影響 睡眠中の歯ぎしりという症状を抱えている人はいることで

no image
なぜ、睡眠時に足がつるか。

飛び起きる痛さ! 睡眠をとっている時に、足がつってしまうという体験を

→もっと見る

PAGE TOP ↑